インプラントとプレミアムブラントゥースの可能性

歯科医がおすすめする歯のホワイトニングとは?

インプラント治療では歯科医師の指示の下でインプラント治療に必要な詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)、義歯(入れ歯)などの技工物の製作や修理を行っています。

 

歯科医がおすすめするインプラントの可能性

 

こらの技工物は国家資格を持つ歯科技工士の役割です。

一般治療の技工物以外にインプラント治療で使う技工物も歯科技工士は製作しています。
また、インプラント専門歯科技工士も存在しインプラント治療における技工の知識や経験を持つ認められた資格認定制度を受けた方です。
この資格は3年以上インプラント治療に関わり10例以上のインプラント上部構造製作の経験、定期的に学会に出席し講習に参加している必要があります。
その為にインプラント専門技工士は標準的なインプラントの知識を持ち、適切なインプラント技工が行える技工士であることを示します。

 

インプラント治療で歯科技工士が製作している物

 

インプラント治療では顎の骨にインプラント体と一部のアバットメントを使用します。
これらのパーツ以外は歯科技工士の手によって作られています。
主な製作物にはアバットメントを接続するまでの仮歯(テック)や入れ歯、カスタムアバットメント、アバットメントから上部構造を接続するまでの仮歯(プロビジョナルレストレーション)、上部構造の製作です。

 

そんな感じで口コミ評価の高いプレミアムブラントゥースがおすすめなのです。

 

インプラント治療で使う技工物の製作について

 

インプラント治療で使う技工物は機能的で美しくなければなりません。
その為に歯科技工士はインプラント治療の正しい知識や適切な技術を要します。
歯科医師と技工士が綿密な連携を図らなくてはなりません。
医師と技工士が連携が取れないと患者様に適した技工物の製作が出来ず、見た目や機能、噛み合わせなどのトラブルに?がります。
技工物を製作する際は歯科医師のプランや歯の形状や色、噛み合わせ、周りの歯、歯茎、顔のバランスなど様々な情報が必要になります。
歯科技工士はこれらの情報をメモや伝達、写真などのデータに残し送ってもらったり直接、歯科医師と対面して製作の指示や要点を確認して製作しています。