歯磨きの順番

食後すぐに歯を磨いたほうがいいのか

ここ最近テレビなどで食後30分は歯を磨かない方がいいということが言われています。

 

昔は食後すぐに歯を磨かなければいけないと言われていたのですがなぜ最近その逆のようなことが言われるようになったのでしょうか。

 

食後30分歯を磨けないとなると昼食後サラリーマンは昼休みの間に歯を磨くことができないかもしれません。

 

また昼食後に歯磨きを推奨するメーカーとしてはこれは痛手になるかもしれません。

 

ではなぜこのような話が最近上がってきたのでしょうか。

 

まずこの情報が出回り始めたのはためしてガッテンで紹介されてからこの話に脚光がありました。

 

理由は食後の直後の口の中は酸性になっていて、その産生が歯の表面になるエナメル質を一時的に柔らかくしています。

 

その柔らかくなったエナメル質に対して歯磨きを行ってしまうことによってこのエナメル質が傷ついてしまい、歯に良くないというのがきっかけでした。

 

この海外の研究内容を根拠に食後すぐに歯磨きをすると歯が傷ついてしまうという言葉が独り歩きしたのがきっかけです。

 

これに対して日本小児歯科学会は警鐘を鳴らしています。

 

というのもこの歯のエナメル質が傷ついてしまうというものに関して酸蝕症の実験経過から考察された内容であり、通常の歯を持っている普通の食生活をしている人には当てはまりにくいのではとの見解があります。

 

食後すぐに歯を磨くことによって歯の汚れは落とせるのですが、この30分置くことによって歯磨きすることを忘れてしまいそのまま口の中が雑菌まみれになってしまうことの方がよほどリスクが高いと言われています。

 

もちろん知覚過敏など酸蝕症の人に対してはこの3食後三十分間の間に歯を磨かないということは好かけて行ってきなのかもしれません。

 

食後すぐに歯を磨いても問題ないという見解に対してですが例外があります。

 

酸蝕症は食後すぐの歯磨きは避けよう

 

酸蝕症でも説明した のですが 歯は酸性になるとエナメル質が柔らかくなってしまいます。

 

つまり酸性のきついものを口に含んだ後に歯磨きをしてしまうとそれこそ歯が傷んでしまう可能性があります。

 

酸性のきつい飲み物といえば サイダーやコーラなど炭酸を多く含んでいるものは歯の表面がより一層や 柔らかくなってしまいその直後に歯を磨くと歯が傷ついてしまうことがあるので、炭酸飲料を飲んだ後の歯磨きは時間をおいたほうがいいと思われています。

 

また柑橘類も同じでオレンジやグレープフルーツなどさんの強いフルーツを食べた後の歯磨きも時間を受けることをお勧めします。

 

どうしても歯磨きしたい場合は、ゴッソトリノなどマウスウォッシュ系の商品をおすすめします。