その黄ばみは加齢が原因かも

加齢からくる気ばみってどうにかなるの?

年を取るとどんなに頑張って歯磨きしていても歯の黄ばみってなかなか取れない。。。

 

プレミアムブラントゥースの歯の黄ばみの原因の中にも

 

「加齢」

 

ってありますよね。

 

このページでは何で加齢によって歯が黄色くなってしまうのかを書いていこうと思います。

 

加齢による歯の黄ばみのメカニズムとは

 

加齢による歯の黄ばみはエナメル質が老化によってどんどんと薄くなってしまうのが原因と言われています。

 

歯はエナメル質が象牙質を包んた状態となっています。

 

この象牙質ですが、もともとの色が黄ばんでいる色なのですが、エナメル質がこの象牙質を包んでいる理由で歯が白く見えるのです。

 

しかし、加齢とともにこのエナメル質がドンドンうすくなり、そして象牙質がドンドンと出てくることで歯が黄色くみえてしまうのです。

 

もちろん若い人であってもこのエナメル質が薄いことによって歯が黄色く見えてしまう人もいますので、歯の黄ばみは一概に歯のよごれや色素沈着だけではないということが言えます。

 

加齢からくる歯の黄ばみは市販のホワイトニングでは白くするのはなかなか難しいです。

 

歯医者のホワイトニングしか方法はない?

 

なので、基本的にはそういった黄ばみに対しては歯医者で行うホワイトニングでないと白くするのは難しいです。

 

もちろん、この象牙質を白くする市販のホワイトニング材は存在しますが、日本の薬事法ではこれらの販売は禁止されています。

 

それらは歯医者など専門の知識がある人でないと扱えないというのが日本の現在の法律であり、なかなか難しいところなんですね。

 

なので、どうしてもそういったものが必要であれば個人で海外から取り寄せるなどをする必要があります。

 

ちなみにプレミアムブラントゥースはやjはりパパインなどで歯の表面のよごれを浮かして歯を白くするので、おそらくこういった加齢による黄ばみを取り除くことは厳しいのかもしれませんね。