そもそもホワイトニングの費用ってどのくらいなの?

ホワイトニングってそもそも何?どんなことに使うの?

歯が白くなりたいとの思いで口コミで話題のプレミアムブラントゥースを使ったのですが、そもそも歯が白くなりたいってどういうことなのでしょうか?

 

実際に過去に知人が行った歯医者でのホワイトニングについて調べてみました。

 

 

そもそもホワイトニングの費用ってどのくらいなの?

 

ホワイトニングの費用に関して

ホワイトニング施行前に口腔内ケアと虫歯の有無を確認します。

 

虫歯があるとホワイトニングが出来ないため必ず確認されます。知人の場合、奥歯の二本が虫歯になっているとのことだった為、治療を優先させ最終的にマウスピースを作ってホームホワイトニングを行うという流れになりました。

 

まず、レントゲンを撮り、どこが虫歯になっているか、どのような流れで治療していくか、神経のない歯のホワイトニングはどのタイミングで白くしていくかなど、直接歯科の先生からのカウンセリングを受けました。

 

何度も通うのは大変だと思いながらも、とても分かりやすく丁寧に教えていただいたのでよりホワイトニングをして綺麗になりたいという意欲が湧きました。

 

実際の治療はどんな感じ?

治療が開始し、何回か通えば終わると思っていたのですが、口腔ケアのみを行う日と治療する日が別々で虫歯も奥深くまでいっているとのことでなかなか治療が進まず、ホワイトニングが出来るまでに、月に2回?3回、8ヶ月程掛かってしまいました。

 

クリニックによって異なるとは思いますが、私の通っていたところは口腔ケアの予約はスムーズですぐに取ることができましたが、地元で評判の良いところであったためか、治療となるととても予約が取りにくく、そのこともあり、なかなか思うようには進まなかったように思いました。

 

一通り治療を終え、マウスピースを作成する前に、前歯の神経の無い歯をホワイトニングすることに。

 

神経の無い歯は生きている歯とは違い、樹木に例えると枯れ木のようで歯を削り、専用の薬剤を注入しないと白くはならないとの説明がありました。

 

裏側から歯を削り、薬剤を注入、次回色がどの位白くなっているかのチェックを繰り返し3回ほど行いました。ある程度、白さが出てきた頃に、本格的に歯全体のホワイトニングの開始です。

 

マウスピースの型取りから、シリコンのようなガムのようなものを口に入れ固めること15分?20分。型が取れ、マウスピースが届くまで一週間、マウスピースが出来、形を確認した後、シリンジに入った薬液を前の見える範囲に少量ずつ塗り、時間を置く。マウスピースがもらえたら、後は自宅でのケアになるので薬液が切れたら貰いにいくという流れでした。

 

治療から見ていくと10ヶ月以上は掛かってしまいましたが、ホワイトニング(部分的、マウスピース)だけで見たら2ヶ月弱で終えることが出来ました。日頃から定期的に口腔ケアにいくこと、虫歯のチェックをすることでスムーズにホワイトニングを行うことができると実感しました。