本当に口コミ通りなのか。プレミアムブラントゥースの実力

口臭と歯の黄ばみって関係あるの?

歯を白くしたいとの思いからプレミアムブラントゥースを口コミ通りかどうか検証しているのですが、そもそもプレミアムブラントゥースにも書いてあった「口臭も予防できる」との点について、実際にどう関係あるのかが気になり調べてみました。

 

 

口臭と歯の黄ばみって関係あるの?

 

 

口臭と歯の黄ばみは関係あるの?

 

口臭は、本人にとって気づかない時もあるけれど、実際はとても気になるものです。

 

特に、たばこを吸ったあとやカレーライスを食べたあとなど、口臭がしないか周りの目が気になったりしてしまいます。

 

そのため、口臭予防にアメをなめたりして、ケアをしている方も多いのです。そこで、口臭と歯の黄ばみの関係を紹介してみます。

 

口臭と歯の黄ばみの原因は?

 

口臭は、普段の食事が大切になってきます。飲み物や食べ物などから、口臭が発生するともいわれています。

 

例えば、コーヒーを飲んだりタバコを吸ったりすると、口臭が発生しやすくなります。これは、長年タバコを吸い続けてきた歯に、ヤニが付着して歯の黄ばみの原因となってしまうからです。

 

またコーヒーは、コーヒーに含まれているカフェインが歯に付着しやすいためです。

 

このような飲み物も、注意が必要です。そのように歯への付着から、口の中に残っていた食べ物がプラークへと変化をして、歯の黄ばみとなり口臭の原因となってしまいます。

 

代表的な食べ物では、カレーライスがあります。このカレーライスも、歯の黄ばみの原因になる食べ物といえます。

 

他に、しょうゆやソースを使った食べ物も、同様に歯の黄ばみの原因になります。そして、それが口臭へとつながっていくのです。

 

口臭が気になる方は、こういった食べ物や飲み物を避けて食事をすることが必要になってきます。

 

歯の黄ばみを防ぐ方法は?

 

普段から、なるべく色の濃いものを食べないようにする必要があります。

 

しかし、どうしても食事で選べない時もあります。そんな時には、食事の後すぐに口をすすぐことで防げることがあります。

 

また、歯磨きができる環境であれば、食後に歯磨きをするのが一番効果的です。

 

これは、色の濃い食事をとったあとに、歯に付着している色を早くとることで、歯の黄ばみを防げるからです。

 

食後に歯磨きをするのが一番ですが、なかなか外出している時にはできないものです。

 

そんな時には、口をすすぐ習慣をつけるのがいいでしょう。そうすることで、歯の黄ばみを防ぐと同時に口臭も防げるようになります。

 

たばこを吸ったあとにも、同じように口をすすいだりすることで、歯の黄ばみを防げます。

 

 

このように、口臭と歯の黄ばみには深い関係があり、歯の黄ばみを防ぐことによって口臭も防げます。白い歯を保つためにも、気が付いたら口をすすいだり歯磨きをするようにしましょう。また最近では、歯の黄ばみを防ぐ商品がいろいろと販売されていますので、そのようなものを利用するのもいいでとされています。